板金 神奈川

神奈川での板金関係に向いている人の特徴

神奈川の板金といえば、車体の破損部分の修理や塗装を行い、元の状態に戻す仕事です。工場に運ばれてくる破損した自動車の状態を確認し、ペンチやハンマーを使って元の状態に近づけるように修復します。破損の状況によってはパーツを新しいものに取り換えたり、溶接技術により鉄板をつなぎ合わせたりすることもあります。また、すり傷や小さなへこみを直すことも業務の一つで、直した車体の塗装も行います。必須となる資格などは特になく、現場で経験を積みながら技術を向上させていく仕事です。体力や手先の器用さ、加えて技術の習得に対する向上心がある人が向いています。小さな破損でも見過ごしてしまうと、大きな問題につながる可能性もあるため、実務を通じて目に見えないゆがみや傷に気が付く細かさや、集中力を保てるということも、重要な要素です。

実際の板金だけでなく設計の仕事もある

神奈川で板金の仕事をしたいと思っていても、手先の器用さに自信がないという人もいるかもしれません。そのような人には板金設計という仕事があります。板金は同じ製品や部品を作るにしても、加工の手順や加工法により製造コストや強度にも大きな違いが出てきます。したがって、板金設計はとても重要な仕事になるのです。例えば、L字型の部品を作る場合、板金を打ち抜いた物とプレス加工した物、溶接した物、折り曲げた物では、強度の性質に違いが出てきます。加工方法によって生じてくるズレといったことも考慮しながら、寸法精度や強度が出せるように、板金設計においては設計をする必要があります。つまり板金設計とは、品質面やコスト面でも合理的な加工プロセスを導き出す専門技術職であるということになるのです。

自動車以外にもある板金関係の仕事

神奈川で板金関係の仕事を探す場合、自動車の板金だけでなく、建築板金という仕事も選択肢の一つです。自動車の板金は工場板金という種類に入ります。それにくらべ、おもに薄い金属板を使用して加工することにより、屋根や外壁、雨といをはじめ、厨房用金物や内壁といった建築板金製品を製造、建築物に取り付ける工事までおこなうものを建築板金といいます。工場板金と違い、建物の外壁や屋根を仕上げていく仕事もありますので、高いところで作業をすることも多くなります。そのため、高いところでも平気な人が向いているといえるでしょう。また、ほとんどが外での仕事になりますので、暑さや寒さに強く、体力が必要になります。こちらも特別な資格や学歴は必要なく、地道な作業が続きますので、こつこつと丁寧な仕事ができる人が向いているといえます。